ワンピース 938話939話最新ネタバレ情報やっぱり生きてた!遂に登場モモの妹【光月日和】

ワンピース 938話939話最新ネタバレ情報ルフィの覇気進化ゾロの黒刀問題

今回はワンピース938話最新情報です。

次号のジャンプ

次号のジャンプは4月1日(月)エイプリルフールに発売

ワンピース938話も掲載

938話振り返りと感想

前回のラストはゾロと鎌ぞう

今週のスタートは?

前回に引き続きゾロと鎌ぞうのシーンから

続おいはぎ橋の闘い

ゾロも実力を認めていた鎌ぞうですが、どうやら“煉獄鬼斬り”でKOとなりました。

とはいえ、あくまでも牛鬼丸との闘いは継続

改めてバトル開始!と思われましたが、、

あっさりとゾロに背を向けて去る牛鬼丸でした。

それを見て気が抜けたのか、倒れて意識を失うゾロ

派手な攻撃だけが目立っていましたが、なんだかんだで深手を負っていますからね。。

鎌ぞうとの闘いの最中だろうと攻撃を仕掛けてきた牛鬼丸ですが、ここまで重症のゾロには興味ないのかな?

秋水の件があるだけにまた激突が期待できそう!

イヌアラシと錦えもん

こちら九里のとある廃村

何やら大慌ての錦えもん、イヌアラシ

なんとも作戦を伝える筈の絵札、それを月の印を持つ者へと渡している事がカイドウ・オロチサイドにバレてしまった模様。
バレたというよりも漏れた感じかな?

三日月模様を持つ者が次々と捕まっているみたいです。
花の都ではドレークとホーキンス筆頭に三日月模様狩りが行なわれています。

火→火祭りの日

鳥→酉2つ(時間)

ハブ→刃武港(場所)

逆三日月→(反乱

暗号は少し解りづらくしているから全容がバレているかは微妙なところですが、作戦遂行に大きな支障をきたすのは言うまでもありません、、

作戦の為の目標人数は5000人って言ってたけど、月の印を持つ者も相当な数いそう

狂死郎の今後

ワノ国のトップアイドルを斬ったとされる狂死郎親分

人気の小紫が相手なだけに当然恨む者もいるでしょう。

対して狂死郎の発言は?

あの場を収めるにはああするしかなかったのだ。
小紫を失って一番損したのはおれだぞ。オロチ将軍は
この紋様のせいで怒り心頭なんだろうな

引用.ワンピース938話 小紫への制裁について語る狂死郎のセリフより

なんとも意味深ですね。
当然、高確率で生きているであろう小紫と狂死郎の関係性、立ち位置も気になるところ

えびす町

えびす町では同盟達が集結が相変わらず騒がしい

サンジは先の覗きの件でパンパンに腫れ上がった顔

びっくりするほどのボロボロ具合です。

一方、元御庭番で忍者のしのぶ

そしてローの2人は揉めております。

どうやら作戦の情報が漏れた原因をローの仲間であるベポのせいだと踏んでいるしのぶ

ベポを侮辱されおさまらないロー

そんな混乱の中、姿を現したのはトの康

引用.ワンピース938話より ヤス

ゾロと一緒に行動していたのも最近な気がしますが展開早いな、、

しのぶとカン十郎とは顔見知り?

こちらも謎多きキャラです。

日和登場

トキに抱かれたまま死んだ筈のモモの妹“日和”

生存の可能性大、その正体が騒がれていましたが

今週のラストシーンは日和の登場!

引用.ワンピース938話より ラストシーン光月日和

20年の想いを抱えて!!

の煽りにある通り、兄のモモの助をずっと探してきた様子

8歳のままタイムスリップし現代にやってきたモモの助

6歳でモモの助と別れ、現在26歳の日和

引用.ワンピース928話より日和について語るモモの助

容姿的に見ると違和感ありますが再会シーンが楽しみですね!

しかしその正体は気になるところ。小紫にも見えなくないが?

追記

本編の後に掲載されていたおまけページ

ワノ国の地図と各キャラの現在地のまとめがありました。

その中にゾロ、トコ、小紫と描かれていました 笑

引用.ワンピース938話のおまけページより

本編ではまだ日和の正体が言及されていませんが、編集者の勘違い?それともまだ出してはいけない情報を先出ししてしまったのかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ふれ より:

    今回の爆弾首輪とシャボンディのレイリーの首輪外しが重なって仕方ありません。
    あれも覇王色のなせる技ならば、今回のルフィへの試練の一つなのでは?

  2. ななし より:

    ミホークの黒刀になりうるって言い方が気になる
    必ずしもならないってことなら業物の位置付けが高い方が黒刀になりやすいって事なのかな

  3. ノブ より:

    ミホークの「黒刀になりうる」はどんな刀でも武装色の覇気を纏えばって黒刀同様って意味なだけで、今回の「成った」とは別の話だと思います。

    武装色を極めた剣の達人が何度も使い込んだ刀が、覇気を込めなくても常に覇気を纏っている状況が「黒刀に成った」刀だと思います。

    スリラーバークで百八煩悩鳳を放った際に、秋水が他の二本の斬撃を飲み込むような描写がありました。ただの刀ではそんなことはあり得ないはずなので、秋水は元から覇気を纏っているのかと。

    最終的には和道一文字も黒刀となり、世界一の剣豪となったゾロがそれをコウシロウに返しに行くエピソードとかありそう

  4. 匿名 より:

    日和だってことは前々から予想されてたことだから別に驚きはしないけど、一番気になるのはトの康かな。パっと思いつくのは前将軍だったとかかなぁ、ヒョウじいと繋がりがありそう。

  5. 匿名 より:

    狂死郎は、モモと同い年の親友で日和を匿い続けて来た、当然モモとオロチ討伐の共闘の流れになると見ています。

  6. 匿名 より:

    モモノスケは逃したのに、日和ほどの幼子を未来へ飛ばさなかった理由は何だろう…
    そもそも日和が生きてたってことは、誰かしらの手助けがあったはず
    現場の居たのは狂死郎親分…かな…

    トの康は、「徳川家康」だね