ワンピース 939話940話最新ネタバレ情報 休載明けも衝撃展開?ヒョウ爺=ヒョウ五郎の本領発揮

ワンピース 939話940話最新ネタバレ情報 ゾロと小紫のイベントや如何に?休載明けも衝撃展開

今回はワンピース939話最新情報になります。

次号のジャンプ

次号のジャンプは4月8日(月)発売予定

ワンピース939話は休載になります。

3月はペースが良かったけど4月〜ゴールデンウィークまでは少しペースダウンになるかな?

映画の方も続々と情報が出てきましたね!

939話の振り返りと感想

前回のラストはモモの助の妹である”光月日和”が衝撃の登場!

今回のスタートは?

939話老いたる豹は路を忘れず

モモの妹の登場、告白に驚くゾロ。
何故、外海の剣士であるゾロに正体を明かしたのか謎でしたが、日和にとってもこの告白はある種の賭けだったみたい。

引用.ワンピースドットコムより939話

兄含めて未来にとんだ者達の無事に喜んでいる様子

気になったのが、お菊

菊の丞なんて呼ばれていましたが

丞は一文字でも助けるという意味を持ち、男性の名前に使われる事がほとんどだと思います。

お菊=男

説も信憑性が出てきたかな?

ゾロ、日和、トコ

20年前トキに抱かれていた幼い日和

引用.ワンピース ワノ国編921話より

モモの助と共に未来へとタイムスリップしなかったのにはどんな理由があるのか?

言わば光月家の血を絶やさぬ為の保険的意味合いとも言えますが、兄モモの助も遜色なくこちらも辛い人生を送った事でしょう。。

河松と日和

今週もシルエットのみの登場

現在は牢に閉じ込められている河松ですが、なんともこの河松20年前焼かれた城(おでん城)から日和を救い出したみたいです。

窮地を脱出しても、ショックのあまりか口も聞けなくなった日和

そんな日和の世話をし、自身が我慢してまでも食べ物を分け与え育ててきたのが河松でした。

そんな日和と河松も日和が13歳の時に逸れてしまったみたい。

ボロボロのベポ達

ヒョウ爺の実力とは?

前回もレイリーとの回想シーンがあったけど相変わらずルフィは修行の時にレイリーが見せた覇気の使いこなしを模倣している様子

レイリーだけでなく戦桃丸の回想描写もありました。

ルフィの相手は以前登場したアルパカに加えてアルマジロのSMILE

“マジロマン”

噛ませ犬相手に余裕が見えるルフィ。まるで未来でも見えてるかの様な闘いぶりにヒョウ爺も驚いています。

しかし今は目先よりもカイドウを見据えてなんとか覇気を使いこなしたいところ。

目指すのは触れる事無く相手を吹っ飛ばす覇気

会得すればカイドウの強固な皮膚(ウロコ)も壊せると踏んでます。

そんな中、ここまで足手まといな描写が目立ったヒョウ爺が見事なまでの技を見せつけます。

ワノ国バージョンの覇気?

タイトル通り老いてもなお実力を発揮?

おさらいと展開予想

938話のおさらいを踏まえながら939話以降の展開予想をお送りします。

休載で間が空くのでゆっくり更新していきます。

面白い案などございましたらコメント欄よりお寄せくださいませ。

日和と小紫

・日和→20年前にトキに抱かれて焼死?生死不明

・小紫→オロチへの造反が原因で狂死郎に制裁を受ける。葬儀の準備が進められるなど死んだとされている。

両者とも生死不明とされながらも生存が濃厚という見方が強いです。

モモが日和を探すシーンが描かれていた同話で小紫が初登場するなど同一人物である事をほのめかす描写もあり。小紫=日和って説を様々なところで見かけました。

ミスリード?と思えるほどにあからさまに描かれていた気がします。

そんな中938話では光月 日和の生存が確定!

兄を探し続けている事、自身の名を明かしました。

小紫で確定?

話の中では日和が小紫と同一人物であるという決定的な情報はありませんでした。

ビジュアルだけ見れば確かに似ていますし、パッと見は小紫なんですが、おトコとの絡みなんかを見ても決定的とは言いがたい、、、

そんな中で巻末におまけとして付いていた。

“ワノ国 動乱 地図”

おー、最新話の情報も反映しているんだなと読み進めていたら鈴後に滞在しているキャラが

ゾロ,おトコ,小紫

となっていました、、

おそらく、おまけページは尾田先生が描いたものでは無いかな。編集者の単なる勘違い、もしくはまだ出してはいけない情報を先走ってしまったか、、

日和=小紫が濃厚だとは考えていても確定するのはまだまだ先かなと考えていただけに少し不可解です。

何故ゾロに正体を?

ここ数話ですっかり注目を浴びているゾロ。
毎週のようにゾロに関する記事を書いています、、

ワノ国スタート前から期待は大きかったですし、やっとと言ったところでしょうか?

・ヤス
・牛鬼丸
・鎌ぞう
・トコ
・日和

と新キャラとの絡みも多く、一体誰が一味と離れているゾロをエスコートするのか気になるところ。

そんな中でトコ、日和が有力候補として挙げられますが、日和は何故外海の剣士であるゾロに正体を明かしたのでしょうか?

鎌ぞうに襲われていたところを居合わせたゾロに助けを求めるのは自然な流れ

その後、自身の所為で怪我を負ったゾロを手当てするのも自然な流れです。

しかし、日和自身。光月おでんとトキの娘であり、生存や正体がバレてはワノ国では生きていけないはず。

当然、正体を隠して人生を歩んできたと思われますが、このタイミングで外海のゾロに正体を明かしたとなると

より小紫=日和説が濃厚に思えてきます。

小紫の死は国中での一大ニュースですし、生きているとなれば喜ぶ者はいても再びオロチサイドに狙われる事でしょう。

ワノ国の者達には救援は望めずに、兄探しをゾロに頼ったというのが自然でしょうか?

オロチサイドへの潜伏と狂死郎

あくまで小紫=日和を前提としての話ですが

小紫は正体を偽ってオロチサイドに潜伏していたと考えられます。

当然、20年前の事件を胸に秘め。兄との再会を夢見て仇とも言える将軍オロチに近い位置で生きていたのでしょう。

根底には当然オロチへの復讐もあるはず。

となると、小紫と繋がりの強そうな狂死郎も気になるところ。

確定ではありませんが、小紫と狂死郎の結託は予想している方も多いはずです。

オロチに背いた小紫への制裁として刀を向けた狂死郎ですが、小紫が生きているとなるとより結託説を裏付ける事になりますね。

狂死郎の実力こそ知れませんが、本当に殺そうとしたならば、小紫が生きている事はあり得ない筈ですし不自然。

狂死郎も光月家との関わりを持っていて、小紫の正体を知りつつも暗躍をアシストしていたのでしょうか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    実はあの、オトキが日和を抱っこしてたシーンで1人行方が分からなかった、笠をかぶった侍が狂四郎とか?なんて可能性ある?