ワンピース ドフィ七武海脱退に次ぐ誤報 中国で実写化?

ワンピース ドフィ七武海脱退に次ぐ誤報 中国で実写化?

ドフラミンゴ七武海脱退以来の誤報が世間を賑わせています。

内容は

中国企業がワンピース版権を購入し、実写化に乗り出すというもの

6月16日ビジネスワイヤから配信されたニュースによると、

中国上海を拠点とするShanghaiMinghuan Investmentがワンピースの著作権を作者である尾田栄一郎氏から16億円(1510万米ドル)で購入し、実写映画制作に乗り出したと報じられた。

著作権購入により、ワンピース関連作品や関連商品開発権を得るわけだが16億円という売価が既に怪しい

記事では配役に関しても触れられており

ルフィ役を窪田正孝(日本)

シャーロット・プリン役を謝蕾蕾(中国GNZ48)

が発表されています。

しかし集英社や尾田先生はこれを全面否定

ワンピース実写化検討の話すらないと発言している。

そもそも、最近原作に登場しコミックでも追いついていないプリンをヒロイン役にする時点で既に疑わしい。

順当ならハンコック、ナミというところでしょう。

界隈では謝蕾蕾がプリンに酷似しているところから生まれたデマだと言われています。

誤報と言えば、ドフラミンゴの七武海脱退、ドレスローザ王位放棄が思い浮かびますが、FILM GOLDの公開迫るこの時期ですから多少は影響があるでしょうか?

もう少し現実味のあるデマにして欲しかったですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする