ワンピース 851話最新情報 今年最後の展開とは?

ワンピース 851話 今年最後の展開とは?

次号のジャンプ

2017年最初のジャンプは1月7日(土)に発売となります。

ワンピース 851話も掲載予定
20周年記念の巻頭カラーとなります。

851話振り返り

今週もスタートはレイジュとプリンから

明日のお茶会でヴィンスモークは全滅する

死ぬ時も地でウェディングケーキを汚すなと注意するプリン

そしてレイジュに銃を披露する

パーカッションロック式36口径『ウォーカー』

弾丸は通称『キャンディジャケット』

鉄の身体を持つジェルマですら撃ち抜く銃弾

銃口を向けられたサンジの顔が楽しみだと語るプリン

どんな顔をするのかとサンジの真似をする

プロポーズの件りもレイジュに説明

2人の会話を一部始終聞いていたサンジは同様を隠せない、、

場面変わりこちらは宝物の間

ビッグマムとブルック

何故石の写しが欲しいのか問うビッグマム

ブルック

ええ…!! サンジさんはね……優しいんです

だから私 彼はもう帰って来ないと思った」

お前達がどんな罠を仕掛けたか知らないが!

彼は度を超えて優しいから!

誰かの為に犠牲になると決めたらもう動かない!

片や我が船長は!! 自分の想いを信じ抜き突き進む男

その決着は若者達(ふたり)が決める事!

最悪の結果”サンジさんが戻らないと決断した時 彼が自分を責めない様に!

私達はこの旅で大きな物を得たと言える様に!

いただきます!! “ロード歴史の本文(ポーネグリフ)”!!!

そしてこちらはチョッパーサイド

目を覚ましたブリュレをくすぐり城の鏡の在り処を聞き出そうとするチョッパーとキャロット

鏡自体が意思を持ち喋るということを聞き出したチョッパー達は鏡に仲間達の居場所を問う

そして再びプリンサイド

プリンの能力が判明

”メモメモの実の能力”

レイジュの頭から記憶のフィルムを取り出しその中の一場面を書き換える

結果レイジュは意識が戻っても戦士の流れ弾が当たって怪我したと思いこむらしい

もちろんプリンの本性も忘れてしまう

そして今回のラストはルフィサイド

相変わらず腕を引きちぎって逃げようとするルフィ

オペラがローラの居場所を吐かせようとするが2人はもちろん口を割らない

拷問しようとするオペラの前に現れたのは

なんとジンベエ親分

五千枚瓦正拳でオペラを吹き飛ばす

850話の振り返り

今年を締めくくる850話ですが、それに相応しく内容も充実していました。

やはり注目はプリンです。

サンジと共にホールケーキアイランド編の注目人物ですが今回の豹変振りには驚きました。

では、早速振り返っていきます。

チョッパーとキャロット

こちらはブリュレ陣営を制圧し、麦わら一味の中で最も優勢な展開です。

ルフィ達を探す為にホールケーキ城に潜入しようと鏡世界(ミロワールド)と現実世界を行き来しています。

どうやら能力者であるブリュレに触れている時は鏡を通して両世界を行き来出来る様です。

しかし、ホールケーキアイランドにある鏡の数が多すぎて苦戦中、、、

民家の鏡から出現し住人を驚かせています。

ブリュレに聞き出せる事が出来れば話は早いのですが気絶中、、

ブリュレが目を覚ますのが早いか、自力で見つけ出すのが早いのか微妙なところです、、

サンジサイド

こちらは婚約者であるプリンを心配し、元気付けようと弁当を作るサンジ

差し入れの弁当も完成したようですが、なんともボリューム満点のスタミナ弁当

普段ルフィ達に振舞っている調子で作ってしまったのでしょうか、、

サンジにとって唯一の光であるプリンに弁当を届ける為に出発!

あっ、ちなみに今回のタイトルは”一筋の光”です。

なんとも意味深、、

囚人図書館

こちらはプリンが去った後の囚人図書館

本の中に閉じ込められてしまったルフィはなんとも焦っています。

このままでは終われない、ここで死ぬわけにはいかない

必死の形相で拘束から逃れようと伸びています。

引き千切れそうな腕を心配するナミですが、ルフィは腕を引きちぎってでも脱出する覚悟のようです。

連戦で疲れも溜まっているはずのルフィ

脱出したとしてもその先が思いやられます。

ペドロとタマゴ

こちらは因縁の2人です。

懸賞金も判明しました。

ペドロが3億8200万ベリー

タマゴが4億2900万ベリー

どちらもなかなかの強者

2人は戦いの最中に過去を思い出す。

以前ホールケーキアイランドに潜入したペドロ、相棒であるゼポも従えている。

外見や名前から察するにベポの兄弟でしょうか?

既出の通り、作戦は失敗し2人ともビッグマムに捕まってしまったようです。

罰としてルーレットの出目である寿命100年が奪われる羽目に、、

ゼポは30年の寿命しか残っておらず既に絶命

ペドロが残り70年を奪われる事になったが、ペコムズの必死の説得に加えて左目を差し出したペドロ

結局は50年寿命を奪われました。

目を失ってでも生き延びたかったのは迫り来る”世界の夜明け”の為だと語ります。

ここら辺はミンク族の2人の王、ネコマムシとイヌアラシが関係してそうですね。

生き延びて尚、再び悪夢の土地に戻って来たのは、麦わら達に故郷を救って貰った恩

加えて、ルフィ達がいずれ世界を“夜明け”へと導く者達だと信じているからだと語りました。

そしてラストではタマゴを圧倒したペドロ

このまま決着となるのでしょうか?

プリンの本性

今回の注目シーンであるプリンがラストを飾ります。

予想出来た方はいたでしょうか?

正に今までのプリンとは正反対の豹変振りでした。

物語が大きく動きそうな予感です。展開予想も別項目でアップしていきます。

プリンに弁当を届けに来たサンジは門前払い

どうやら取り込み中の様子

ベランダから渡そうと試みるサンジはプリンを発見

そこにはレイジュとプリンが、、、

三つ目を開眼し豹変したプリンと血塗れのレイジュ

あのチンピラと私が結婚!!?

するわけないでしょう!!?

私はママの“お気に入り”よ 特に演技力♡

最近お世話のやきすぎが疎ましいくらい!

ママの頼みで男をダマすなんて簡単!“麦わら”達も他愛なかった

私の本性は家族しか知らないの

そして囚人図書館でのルフィとナミとのヒソヒソ話の回想

だから安心して 私……結婚しないわ

聞いて

なぜ結婚しないかと言うとね…──まんまと私にホレた“あのバカ”は……

私が式の途中で撃ち殺すからよ

あんた達もどの道生かしちゃおかない

さよなら哀れなネズミ達

そして再びレイジュとプリン

あんた達が甘いのよ!何が……“悪の軍団”!!

空想の世界に生きてなさいマヌケ共……!!

ママの狙いは始めから『クローン兵の軍団』とあんた達の『科学力』!!!

ホラ反抗的 どうせ言う事きかないあんた達に用はない

ジェルマ王国の“全て”が 今ウチの領土に停泊中

サンジの政略結婚という甘いお菓子に 群がるハエ共ご苦労様♡

ママの計画通りだわ

ヴィンスモーク家は明日の結婚式ので皆殺しよ

その様子を聞いているサンジ

読者様のコメントを紹介するよ

コメント欄より展開予想頂きました。とても詳しく書いて頂いたのでせっかくですから本文にて掲載させて頂きます。

見やすい様に改行とタグだけ弄っております。

こんばんわ。850話のどんでん返しには、驚愕しっぱなしです。
360度回って白だと思ってたプリンが、心も人相悪い真っ黒な女だったとは。
尾田先生にまんまと騙されました…。

しかし、今回のシリーズは今後どうなって、どういう結末を迎えるのか。
もっと斜め上の展開になりそうで、予想が大変です。

で、最悪な方向を前提に予想すると、以下のようになるのかな?と。

1,結婚式当日、プリンが一部の他の兄弟たちを率いて、ビッグマムに対しクーデターを実行。母やマム派の兄弟たちを手にかける。

2,ベッジもプリンとグルで、ジェルマとビッグマムの同士討ちで兵力や財産などを得ようとしたが、妻や一部の部下の裏切りにあい、悲惨な末路を辿る。(「人情なんかクソの役にも立たない」がブーメランになる)

3,ヴィンスモーク家は結局、兵士や研究者に裏切られて見事に全滅。その功労者であるプリンの操るジェルマの内通者が、ニジに暴行されてた料理長のコゼットだった。
最終的に、プリンがアルビダやジンラミーのような小悪党とは比べ物にならない、おそらくワンピース史上初の、大物クラスの『純粋悪の極悪美女』のままでシリーズを終える場合を前提とした展開予想なのですが、きっとこれよりもっと凄いことになりそうな気がします。

更に言えば、徹底的に上記の悪女プリンのままでいてくれた方が、ハニートラップに弱過ぎるサンジに『”騎士道“が通じない女もいる』『世界中の全ての美女が、心も美しいとは限らない』『女の涙と嘘は、一部の女にとっては凶器』という教訓を与えることになって、彼のためになるのでは?とも思うのです。でも、それでも彼は皆から呆れられても信念を曲げないのかも知れませんが。(まあ、良く言えばブレないと言う事)

2017年が始まると同時に開始されるルフィ達の反撃を、楽しみにして年末を過ごすことにします。
また、思う事があったらお邪魔させていただきます。長文、失礼しました。

2016年のワンピース

今年最後という事でざっくりと2016年のワンピースを振り返っていきます。書ききれていませんが印象に残った場面をピックアップ

ゾウ編

今年はゾウ編からスタート

・ビッグマム軍が麦わら一味を追いゾウにやってくる。

・ペコムズがカポネにやられる

・サンジの元にお茶会(結婚式)の招待が届く

・サンジはカポネらとともにお茶会へ

・忍者 雷ぞうの登場

・モモの助と錦えもんとミンク族の関係が明らかに

・おでんの登場(名前だけ)

・ワノ国がカイドウに支配されている

・ロードポーネグリフの存在→ラフテルへ

・ルフィとローの同盟にミンク族とワノ国の面々も参加

・ジャック撃退、巨象と通じ合うモモの助

・カイドウ戦、サンジ奪還に向けてチームに分かれて動きだす。

世界情勢

・マルコvs黒ひげ マルコ敗れる

・キッドはカイドウに捕まる、 同盟を組んでたアプーは裏切り?

・バルディゴ壊滅 黒ひげvs革命軍

・世界会議に向けて王族達が動き出す

ホールケーキアイランド編

・ルフィ、ナミ、チョッパー、ブルック、ペドロ、キャロット、ペコムズの面々でホールケーキアイランドへ

・サンジの家族登場

父 ジャッジ
姉 レイジュ
兄 イチジ、ニジ
弟 ヨンジ

名前は明かされていないが母も登場

・ペドロの過去(海賊時代)が明らかに

・ジンベエの登場 ビッグマム傘下の脱退を申し出るも失敗

・サンジの婚約者 プリンの登場(可愛い)

・ビッグマムの大家族が続々と登場

・サンジの壮絶な過去が明らかに

・科学部隊ジェルマの秘密

・ビッグマムの能力判明 ソルソルの実

・誘惑の森に迷い込んでしまったルフィ一同

・ビッグマム軍幹部スイート将星クラッカーとルフィの激突→ギア4炸裂で勝利

・クラッカーとの戦いで力尽きたルフィ、今度はビッグマム軍に捕まってしまう。→モンドールの能力で本の世界に閉じ込められてしまう。

・ブルックとペドロ、チョッパーとキャロットもミッション開始

・魚人島の玉手箱がお茶会で開封される事が判明。中には爆薬が、、

・血塗れのレイジュ、一体誰にやられたのやら?

ご挨拶

読者の皆様

当サイトをご覧頂きありがとうございます。

今年も沢山の方に見て頂き光栄です。

”今年はサンジの年になる”

と尾田先生の言葉通り

結婚、家族登場とまさにサンジが主役でしたね。

そして四皇戦幕開けに、待望の映画公開!

改めてワンピースを堪能出来た年でもありました。

来年にはおそらく、ビッグマム戦決着となるんでしょうか?

ワノ国編も控えていますし、ますます目が離せません。

当サイトでも引き続きワンピースをピックアップしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

記事が多くなってきましたので見づらいサイトになりつつありますが、少しずつ整備していく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 123 より:

    こんばんわ。850話のどんでん返しには、驚愕しっぱなしです。
    360度回って白だと思ってたプリンが、心も人相悪い真っ黒な女だったとは。
    尾田先生にまんまと騙されました…。

    しかし、今回のシリーズは今後どうなって、どういう結末を迎えるのか。
    もっと斜め上の展開になりそうで、予想が大変です。

    で、最悪な方向を前提に予想すると、以下のようになるのかな?と。
    1,結婚式当日、プリンが一部の他の兄弟たちを率いて、ビッグマムに対しクーデターを実行。母やマム派の兄弟たちを手にかける。
    2,ベッジもプリンとグルで、ジェルマとビッグマムの同士討ちで兵力や財産などを得ようとしたが、妻や一部の部下の裏切りにあい、悲惨な末路を辿る。(「人情なんかクソの役にも立たない」がブーメランになる)
    3,ヴィンスモーク家は結局、兵士や研究者に裏切られて見事に全滅。その功労者であるプリンの操るジェルマの内通者が、ニジに暴行されてた料理長のコゼットだった。
    最終的に、プリンがアルビダやジンラミーのような小悪党とは比べ物にならない、おそらくワンピース史上初の、大物クラスの『純粋悪の極悪美女』のままでシリーズを終える場合を前提とした展開予想なのですが、きっとこれよりもっと凄いことになりそうな気がします。

    更に言えば、徹底的に上記の悪女プリンのままでいてくれた方が、ハニートラップに弱過ぎるサンジに『”騎士道“が通じない女もいる』『世界中の全ての美女が、心も美しいとは限らない』『女の涙と嘘は、一部の女にとっては凶器』という教訓を与えることになって、彼のためになるのでは?とも思うのです。でも、それでも彼は皆から呆れられても信念を曲げないのかも知れませんが。(まあ、良く言えばブレないと言う事)

    2017年が始まると同時に開始されるルフィ達の反撃を、楽しみにして年末を過ごすことにします。
    また、思う事があったらお邪魔させていただきます。長文、失礼しました。